大阪の賃貸事務所を内見する際のチェックポイント

鍵と家の模型

事務所として使う大阪の賃貸事務所を選ぶ際には、大阪のオフィス専門の不動産会社で紹介してもらった物件の中から候補となる物件をいくつか見繕った上で、内見という形で視察に行きます。この時物件を一つだけ内見するというのではなく、通常は複数の大阪の物件を一度に内見するので一件当たりの視察時間はそれほどないので、事前に賃貸事務所でチェックするポイントを把握しておいた方が安心です。
代表的なチェックポイントを挙げるとまずビルの共用部分として、エントランスやエレベーターそしてトイレが挙げられます。エレベーターやトイレは社員が働きやすい環境を整える意味で重要ですし、エントランスについては来客が一番先に目にする場所という事で、会社の印象を左右する部分という事でかなり大きな影響があります。これらは設備が整っている事もですが、管理が行き届いているかどうかを見る意味でもしっかり確認しましょう。
また賃貸事務所の室内についてはオフィスとして利用する際のレイアウトを想像しながら、広さや天井の高さや壁の構造、電源の位置などをチェックします。また仕事しやすい環境としては眺望の良さも重要ですので、こちらも欠かさずチェックしましょう。それと見落としがちですが電波の入りやすさもよく調べましょう。

choices article